TOP>販売条件で気をつけたいこと

販売条件で気をつけたいこと

激安中古車を買うときの、販売条件について説明。
激安中古車も一般的な中古車と同じような販売条件の場合とそうでない場合があります、ここでは特に気をつけたい【販売価格】【値引き交渉】【品質】について気をつけたいところを説明します。

激安中古車の相場はあてにならない

【販売価格:激安車は値段にハッタリかましてることも】
中古車屋さんは店頭での売値の表示については、最初は若干高く掲示しておきます、例えば50万円売りたい車なら、60万とかの値段にしてしているお店が多いです。
そのあとで、商談が発生して、やり取りの中で値引いたとしても20万以上で売れれば相場よりも高く売れた事になりますから、お店としてはニッコリです。

もしその車に引き合いが無ければ、ゆっくり値段を下げていきます、安くするにつれ自然と話しが出てきますからね。

ところが、激安車の場合、5万円で売れればいいと思っている車も、20万円や30万円くらいの値段をつけてる場合も多いのです。
自分の調べた相場よりも、激安車が少し高いと感じた時には、交渉することで安くしてくれることがあります。


【値引き交渉:思い切った金額を言ってみよう】
一般的には中古車は、値引きも小出しにしてきます、1回2回の交渉では、値引きにまったく応じない事もあります、お店の立場としては『欲しければどうぞ』といった姿勢だからです、特にこのクラスの値引きは少ないですので、現金での値引きは厳しいかもしれません。

ただし、激安中古車店では「売れたら儲けもの、話が出たら売り切ってしまえ」という考えもあります、1回値引きを要求したくらいではダメかもしれませんが、もう少し粘ることで、こちらの要求に応じてくれることもあります。
もし値引き交渉するなら、最初から思い切った数字を言ってみると良いでしょう、こちらも「買えたら儲けもの」的な思考で交渉に望んでみるのも手だと思います。


【激安車の品質:車の品質よりお店の姿勢】
激安車の場合は、車の品質といっても、その見極めは業界人でも難しいです、走行距離も多いですし年数も立っていますから、前のオーナー持ち主と個別面談でもしない限り、正確な車の情報は判りません、しかも、前のオーナーが一人ではない可能性もあります

それに、激安中古車で、あまり品質に神経質になっては、たぶんどんな激安車も買うことは出来ません。
10万円20万円というのは、家電・服・バックといった普通の買い物なら、高額な部類になると思いますが、車の場合は当てはまらないからです。

そこで、激安中古車を買うときは『車の品質の追求』よりも『お店の姿勢を重視』したほうがいい場合があります、お店の姿勢がお客さんに対してよければ、いろいろ相談に乗ってくれるはずなので安心できるからです。

関連ページ

BACK>>前のページに戻る

トップ >販売条件で気をつけたいこと





愛車の本当の価値は、1店だけではわかりません、お店は欲しい車は相場よりもより高く、欲しくない車は相場より低く値段を提示します。
carview愛車無料査定  ネット最王手


保険料を抑えるなら、保険の比較が一番確実、大事な補償はそのままで、一番お得な保険会社がわかります。
インズウェブ マックカードがもれなく!
価格.com自動車保険豪華景品が当たる


クレジットカードでガソリンを入れると安くなるは常識です、ガソリンだけでなくもっと特をしたい人にはこのカードがおすすめです。
楽天カード 入会で5000p貰える?


全国の新車ディラーからオンラインで見積が取れる、もちろん無料です。最短60分以内でお見積り、希望しない訪問は一切ありません。
オートックワン 最大級見積もりサイト

予約⇒実施で楽天スーパーPがもらえます、車検チェーンのアップル車検も加盟
複数店舗で一括比較、自宅から近いところを検索できます
全国300店舗以上の車検チェーン店



新車を買う車の維持費を安くする

(C) 中古車を買う All rights reserved.