TOP>激安車には保障がない…と思ったほうがいい

激安車には保障がない…と思ったほうがいい

激安車や激安店で販売している中古車は、一般の中古車と保障内容が違う事が多いので、同じような補償が付いていると思っていたらビックリするかも。
一般的な激安店の場合で保証内容を説明してみたいと思います。

激安中古車の保証はない!と思いましょう。

【販売価格:激安車は値段にハッタリかましてることも】
一般的な中古車店の車は、「保証3ヶ月」とか「走行距離1万km保証」といった感じで、保証をつけて販売していますが、激安中古店では「保証なし」というお店が多いです、もし保証があっても、1週間とか初期不良といったレベルでしょう。

こういった販売方法は『現状渡し:ゲンジョウワタシ』という言葉で表現されています。
現状渡しとは、『乗れるための必要な手続きのみして、それ以外は何もしません』という販売方法で、
『何もしないのだから購入後の不具合はお客さんの問題です』というのがお店側の理屈になります。

それはちょっと無責任なんじゃ?なんて感じると思いますが、激安中古車は安さが売りなので、保証をつけるとその分高くなってしまって、価格の魅力がなくなってしまいます。

そして、走行距離が多く、低年式(古い車)は、保証をしたくても、いつどこが壊れるかわからないので保証が出来ないというのが本音です。
特に車の持ち主が何回も変わった車は、とてもではありませんが保証はできません。

ちなみにこれは、新車ディラーでも同じで、ディラーであっても保証がない車なら安く売ります、ただディラーでは、そういったクルマを扱って、その後問題が出ると新車の販売やブランドイメージにまで影響がでるかもしれないと考えているのであまり扱っていません。


【激安中古車に保証を付けてはもらうと?】
激安中古車に「保証をつけて欲しいといった場合」お店はとしては、「無理です」といって受け付けないと思いますが、もしも受けたと仮定したときにお店は、「のちのトラブルが出さない」という基準で車をチェックするハズです。

修理箇所はもちろんですが、消耗している部分はすべて交換、見た目は問題なくても経年劣化していそうな部分も交換します、例えば、今は正常なバッテリーでも長期期間交換していなければ問答無用で交換するハズです。

こうなると、どれくらいの整備費用が掛かるのかわかりませんから、結局完全な保証をつけようとすると、どんどん車の値段が上がってしまい、最後はとんでもない金額になって、激安車ではなくなってしまいます。

では、保証がないから車としてマズイのか?
というと、そうではありません、激安車でも買ってからなんのトラブルもおきなかった、という車も沢山あります。

保証をつけると、余裕をみた整備が必要になるので、金額があがってしまうだけで、購入後、車の管理をしっかりして交換すべき所を交換すれば、長く乗れる車も多いのです。

激安車を買ったら、一度はディラーに持っていって点検をしてもらい、点検時に見つかった不具合や交換必要な個所について相談するといいと思います。

関連ページ

BACK>>前のページに戻る

トップ >激安車には保障がない…と思ったほうがいい





愛車の本当の価値は、1店だけではわかりません、お店は欲しい車は相場よりもより高く、欲しくない車は相場より低く値段を提示します。
carview愛車無料査定  ネット最王手


保険料を抑えるなら、保険の比較が一番確実、大事な補償はそのままで、一番お得な保険会社がわかります。
インズウェブ マックカードがもれなく!
価格.com自動車保険豪華景品が当たる


クレジットカードでガソリンを入れると安くなるは常識です、ガソリンだけでなくもっと特をしたい人にはこのカードがおすすめです。
楽天カード 入会で5000p貰える?


全国の新車ディラーからオンラインで見積が取れる、もちろん無料です。最短60分以内でお見積り、希望しない訪問は一切ありません。
オートックワン 最大級見積もりサイト

予約⇒実施で楽天スーパーPがもらえます、車検チェーンのアップル車検も加盟
複数店舗で一括比較、自宅から近いところを検索できます
全国300店舗以上の車検チェーン店



新車を買う車の維持費を安くする

(C) 中古車を買う All rights reserved.