TOP>修理代を安くしたいなら修理工場選びが大切

修理代を安くしたいなら修理工場選びが大切

「故障の修理代を安く抑えたい」「そろそろここを交換したほうがいい」などと言われた時に、その修理代や交換料金を聞いてビックリすることがあります。
車の修理代は、どこも同じように感じるかもしれませんが、最高値と最安値では50%も違うことがあります。

一番向いている修理工場を選ぶことで、修理代を少し安く抑える事が出来ると思います。

自動車整備工場の特徴、ディラーは高く、整備工場は安い

自動車の修理といえば、ディラー、整備工場、カーショップを思い浮かべる人が多いですね、こういったお店はどこも似たように見えますが、それぞれお店ごとに得意分野があります。
自動車の修理や故障は、お店の得意分野に出すこと安くなることが多いのです。


■新車ディラー(オールマイティーに出来る総合病院)
新車ディラーは、取り扱いメーカーの車の事なら100%なんでも出来ると言っていいでしょう、一般的なトラブルはディラーで全て解決します、が、ディラーはとにかく料金が高いです。

最近は、以前よりも安くなってきたと言われてますが、それでも整備料金はかなり高額、理由は1時間当りのメカニックの工賃基準が高いことと、修理パーツにメーカー純正品指定品を使っている事に由来します。

さて、新車ディラーは整備代は高いわけですが、その分スキルも優れていますし、交換部品の在庫も豊富に揃えていますから、車の緊急な故障について対応が大得意です。
突然のトラブルみ見舞われた時に一番向いているのがディラーというのは、異論を挟む余地がありません、ただし、自社ブランド以外の車については、まったく対応できないと思ってもらっていいですけどね。

ディラーは突然のトラブル修理に向いているところですが、定期消耗部品の交換や車検などはあまり向いていません。



■カーショップ(オイル交換などは安いが、それ以外は?)
カーショップ(スーパーオートバックス・ジェームス・イエローハットなど)は、オイル・バッテリー・タイヤ・ワイパーゴム・ヘッドライト・ベルトといった、車の消耗品で、比較的名前を知られているものが安くなっています。

ただ、商売のやり方なのか、ベーシックなグレードの部品は安いことが多いのですが、ランクをあげると急に高くなるケースが目立ちますから、上のグレードをススメられた時には、よく考えてからのほうがいいですね、ベーシックなグレードでも十分な品質を持っているので、無理に高くする必要はありません。
また、消耗品の交換が得意な分、車の故障による緊急な修理といったことは、かなり苦手です。

カーショップは、「定期交換部品」について強みを発揮するので、そういったものの交換をするのに利用しましょう。


■自動車修理工場
自動車修理工場(整備工場ともいう)は、ディーラーよりも整備料金が全体的に安いお店がホトンドで、車検に力を入れている所がとても多いですね。

カーショップよりも故障修理について詳しく、かなりな事までお店でやってしまいますし、オールメーカーの車に対応する間口の広さはありますが、ディラーより整備スキルは低いですね。

修理工場では、修理をする時に使う部品を「第二純正品」「純正互換品」を利用したり「再生品(リビルトパーツ)」などを使って修理代を抑えてくれるところもあります。

ディラーで修理代金が高額な時(3万円以上掛かりそう)や、車検をしないといけない時に相談をしてみると良いと思います。

ムダのない修理をするコツ

■交換部品に3つのグレードがあった‥どれにしよう
自動車修理工場やガソリンスタンドなどで見かける売り方で「3種類のグレードの中から選んでもらう」といった販売方法があります、エンジンオイルの交換でよく見かける手法です。

オイルを例にあげると、エコノミー・スタンダード・プレミアムといったように3種類の価格の違うオイルを用意しお客さんに選んでもらうわけです。

当然、高いオイルのほうが性能がいいのですが、値段もかなり高くエコノミーのオイルと比較すると値段が倍以上になることも珍しくありません。

こういう三択を迫られると、真ん中の「スタンダート」を選ぶお客さんがとても多いです、「安いのはちょっと??だし、高いのは勿体ないしなぁ…」みたい感じなんでしょうか。

さて、車は全てのパーツに「基準」があります、当然オイルも例外ではなく、オイルの硬さとグレードが定められています。
その基準を満たさない場合、どんなに値段が高い高級品でもパーツとしてはふさわしくありませんし、「基準」を満たしていれば、値段は関係ないということも言えるのです。

車の交換部品は「基準を満たすものを、指定期間で交換する」というのが正しい交換方法で車も傷みません。
多くの場合、エコノミーでも基準の十分満たしている時がありますから、値段が安い高いではなく、基準を満たしているかそうでないか、で選択する事が大事になってきます。

ちなみにオイルの基準(グレード・粘度・交換時期)は、取扱説明書に必ず記載されているはずですよ。


■修理代を安く済ませたいんだけでど、どうすれば…
修理代を安く済ませる方法は、いくつかのお店で聞いてみるのが一番確実です、その際は、「ディラー」「車検チェーン店」又は「車検指定工場」といった比較的大きな所同士で比較するのがいいでしょう。

小さなお店がダメというわけではありませんが、車の修理は知識と経験が物を言う世界なので、一定規模のところの方が確実だからです、もしくは、ある程度車種を絞った取り扱いをしている工場ですね。

こういった工場は、ディラーなら、メーカーサイトからお近くのお店を探すことができますし、車検チェーン店や指定工場の場合は、カーセンサーの「車検店舗検索」など使うと簡単に見つけることが出来ます。

関連ページ

BACK>>前のページに戻る

トップ >修理代を安くしたいなら工場選びが大切





愛車の本当の価値は、1店だけではわかりません、お店は欲しい車は相場よりもより高く、欲しくない車は相場より低く値段を提示します。
carview愛車無料査定  ネット最王手


保険料を抑えるなら、保険の比較が一番確実、大事な補償はそのままで、一番お得な保険会社がわかります。
インズウェブ マックカードがもれなく!
価格.com自動車保険豪華景品が当たる


クレジットカードでガソリンを入れると安くなるは常識です、ガソリンだけでなくもっと特をしたい人にはこのカードがおすすめです。
楽天カード 入会で5000p貰える?


全国の新車ディラーからオンラインで見積が取れる、もちろん無料です。最短60分以内でお見積り、希望しない訪問は一切ありません。
オートックワン 最大級見積もりサイト

予約⇒実施で楽天スーパーPがもらえます、車検チェーンのアップル車検も加盟
複数店舗で一括比較、自宅から近いところを検索できます
全国300店舗以上の車検チェーン店



新車を買う車の維持費を安くする

(C) 中古車を買う All rights reserved.