TOP>新古車・未使用車を安く買うには

新古車・未使用車を安く買うには

新古車や未使用車が、中古車展示場で見かける事が多いです
でも「新車より安いんだ!」なんて安易な考えは禁物。

車両代以外の手続費用とかを入れると、新車とほとんど変わらくなってしまう新古車・未使用車が沢山あるから、ちょっと要注意。

新古車や未使用車を安く買う手順、安い新古車・未使用車を探すコツをアドバイスします。

新古車や未使用車を安く買う手順

■ まずは、事前に新車見積もりを取り寄せておきます。

新古車・未使用車を買うのに新車見積もりがなぜ必要なのか?

ちょっと疑問に思う人もいると思います、でも、冒頭でも言っているように、新車購入とあまり変わらない値段で新古車・未使用車を売っているお店がすごく多いんです。

中古車として、「とても程度がいい」「走行距離も少い」「製造から時間が経っていない」といっても、一度でもナンバーをつけたらそれは中古車扱いで、新車ではありません。

そういうわけで、気になる新古車・未使用車があるなら、それと同じ車の新車見積もりをインターネットを使って取り寄せて事前に、新車の購入額を知っておきましょう、そうすれば、車を見かけた時に、その車が高いか安いかすぐ判断できますよね。

ただ、新車の見積を取り寄せる時には、新車ディラーへ行く、もしくは電話等で要求する(電話の場合、大体の金額しか言わないことが多い)必要があります、が、行くのも面倒ですし、セールスされても困りますよね。

そこで、インターネットのオートックワンというサイトを使って新車見積もりを取り寄せてておきます、オートックワンは、新車見積もりのネットの新車見積もりの老舗で非常に実績にあるサイトです、もちろん無料で見積もりをとってもこちらが希望しなければ、セールマンが訪問する、といったセールス活動もありません。

いますぐに車は買う予定がなくても、半年や一年以内と考えているなら、掘り出し物が出た時に「高いか安いか」すぐ判断できます、この「すぐ判断できる」というのがとても大事ですよ、新車見積もりを取り寄せてい間に車が売れちゃった…これはあまりに悲しいですが、頻繁にあるケースです。

ただオートックワンも残念なところがあって、地域によって見積が取れない車があります、その場合はディラーに直接問い合わせるしか、今のところその地域での正確な購入金額はわかりません




■ 新古車・未使用車は掘り出し物と感じたら即抑える

新古車や未使用車は「これは掘り出し物だ!」「これは安い!!」と感じたら、すぐにその車の商談を開始しましょう。

これは、ネットでもリアルでも同じです、「ちょっと調べてから問い合わせしよう」なんて、のんびりしていると、掘り出し物・お買い得車は「あっ!」というまに売れていきます。

この手の車は、個人でなく同業者が買っていく場合もあるので、すぐに消えてなくなることが多いんですね。

こういったお買い得車や掘り出し物の車を見つけたら、ネットの中古車サイトでそのお店を探して、すぐに見積もりを取寄せて下さい、これで少なくとも数日間は他から商談があってもSTOPするはず。
(もし他の人の意商談が入っていれば、そのあとという事になります)

購入金額・支払い方法など、考えないといけないことは沢山ありますが、中古車はすべて一品物、「とにかく車を抑えて話を始める」くらいの感覚で行かないと、本当にお買い得な車はなかなか買えません。

お店に問い合わせをする時は、直接電話するか、中古車サイトでそのお店を検索して、そこから問い合わせが出来る事が多いです。

ここで気をつけて欲しいことは、お店を中古車サイトで検索しても出てこなかった場合です、WEB全盛の時代で中古車サイトと提携していないなんて、ちょっとなにかの理由があるとしか考えられません。

車さえ抑えてしまえば、数日ですが時間的猶予が生まれますから、その間にどうするかを、考えればいいと思いますよ。



安い新古車・未使用車を探すコツ

■ 新規オープンの中古車店は、お買い得車が多い
大きな中古車店がOPENするときは、目玉としてお買い得な新古車や未使用車を揃える事があります、こういった車は、利益をほとんど無視していることが多いです。

動物園の「パンダ」「コアラ」と一緒で、客寄せための車、赤字は宣伝広告費と考えているんでしょうね、他所と同じような車を、いくら沢山並べても「でかい中古車屋が出来た」で終わってしまいますから。

大型の中古車店がOPENする時やOPEN後しばらくの間は、目玉車やお買い得車を揃える事が多いので、一度足を運んでみることをオススメします。


■ 新古車・未使用車の専門店で交渉
最近は、新古車・未使用車の専門店もしくは、非常にそういった車が多いお店が増えてきました、こういったお店は、店頭の表示価格はそれほど安くないのですが、問い合わせをして交渉すると、少し安くなる事があります、特に、同じ車種で近いグレード&装備の場合は、車がダブっているので少し安くしてくれる場合が多いですよ。(そんなに期待は禁物)


■ ディラーの新古車・未使用車は高いことが多い
ディラーでこういった車を売ることは少ないですが、かりにあっても高い事が多いのです、というのも、安いと新車の販売に影響する、安いと新車の価値が下がると考えているからです。
「新古車・未使用車より、もう少しで新車が買えます」とやったほうが、ディラーとしては正しいのかもしれません。

  

新古車・未使用車はなぜ生まれるのか?
せっかくの新車にあえてナンバー取得(登録)して中古車にし価値を下げているんですから、こんなバカみたいな話はありませんよね。

なぜ、こんな馬鹿げた事がおこるのか?
それはメーカーと新車ディラーが約束している年間の販売台数「協定台数」のせいです。

自動車メーカーと約束した協定台数を守ることは新車ディラーにとって経営に影響する必須事項、もし協定台数に届かない時は、自分の会社の名義で登録して売れた事にする、こういったことが何年も行われてきました。

こういった車が何台くらいあるのか? 公表はされていませんが、少なくと年間 数十〜百台以上やってるお店は少なくないハズです。

そうやって作られた車は、「新車ディラー」→「カーオークション会場」→「中古車店」といった感じで流れていき、最終的に中古車店が「新古車・未使用車」としてお店に並べて売っているわけですね。

買う側からすれば「安く買えればいい」ので、新古車や未使用車おおいに結構といったところでしょう、上手に買えばかなりお得になる事がありますよ。

関連ページ

BACK>>前のページに戻る

トップ >車検を受けよう





愛車の本当の価値は、1店だけではわかりません、お店は欲しい車は相場よりもより高く、欲しくない車は相場より低く値段を提示します。
carview愛車無料査定  ネット最王手


保険料を抑えるなら、保険の比較が一番確実、大事な補償はそのままで、一番お得な保険会社がわかります。
インズウェブ マックカードがもれなく!
価格.com自動車保険豪華景品が当たる


クレジットカードでガソリンを入れると安くなるは常識です、ガソリンだけでなくもっと特をしたい人にはこのカードがおすすめです。
楽天カード 入会で5000p貰える?


全国の新車ディラーからオンラインで見積が取れる、もちろん無料です。最短60分以内でお見積り、希望しない訪問は一切ありません。
オートックワン 最大級見積もりサイト




新車を買う車の維持費を安くする

(C) 中古車を買う All rights reserved.