TOP>オイル交換とタイヤの空気圧は長持ちの秘訣

オイル交換とタイヤの空気圧は車の長持ちの秘訣

車を買ったら長持ちさせたいと思うのは普通の事、でも最近の車はとても性能がよくなっているので、少しぐらいメンテナンスがおろそかになっても問題なく走れてしまいます。

でも、走れるということと、傷まないというのは、別問題ですから、常に車の状態を管理しておくこと大切です。
車にとって特に重要なのが、エンジンオイルの交換とタイヤの空気圧チェック、この2つをキチンとすることで、車は長持ちしますし、トラブルがおこる可能を減らすことができます。

オイル交換と空気圧のチェックはマメにしよう

■エンジンオイルのチェックと交換は必須事項
クルマの部品の中で、しっかり管理して置くことが大事なのはエンジンオイルの交換です、エンジンオイル交換、は単に「オイル交換」と呼ぶ場合が多いです、クルマのオイル交換というと大抵はエンジンオイル交換の事をいいます。

オイル交換は、セルフガソリンスタンドが普及する前は、スタンドの店員さんがオイルの量や汚れを確認してくれていました。
(売上目的も多分にありましたが)

ところがセルフスタンドが普及した今は、オイルを全く確認しないという人が増えてきて、故障して初めて確認した…という笑えない話もあります。
普通の使い方なら、オイル交換の頻度は半年に一度で十分なので確実に実施することが大事です。

エンジンオイルの交換は、ガソリンスタンドでもOKですが、ゆとりがあれば、ディラーや自動車修理工場、カー用品店(整備に力を入れているトコ)が理想です、というのこれらのお店は、売上を上げるためにも、車のカンタンな目視点検をやっているところが多いので危なそうな所を探してくれます(特にディラー)、オイル交換2回に1回くらいは、こういった所を利用するのをオススメします

あと、オイルの交換するときは、特別良いオイルである必要はありません、お店で売られている一般的なグレードで十分です、乗っている車の規格にあえば、一番安いもので十分、それよりも定期的な交換のほうが大事ですよ。


■タイヤの空気圧は自分でチェックする必要がある
オイル交換と同様に、タイヤの空気圧も以前はガソリンスタンドでチェックしてくれていましたが、今では自分でチェックしないと、なかなかその機会はありません。

タイヤの空気は自然に入ることはありませんから、入れた直後からすごくゆっくり減っていくのが普通です、半年もまったく空気を入れなければ、少なからず減っているはずです。

タイヤが適正な空気圧でないと、燃費が悪くなったり、タイヤの減り方が偏ったり(偏摩耗)して余計にお金が掛かります。
ちなみに、一昔前は基準よりも高い空気圧のほうがいいと言われていましたが、高い空気圧もタイヤの偏摩耗の原因になるので、適正な空気圧が一番いいようです。

オイル交換をせずに車に乗り続けると、最終的にはエンジンが壊れることになります、また、壊れる前には「オイル食い」と呼ばれる「エンジンオイルが燃えて減る」という減少が起きる事があります、いったんこのオイル食いが始まると、修理するにはエンジンを分解修理する必要がありかなりの修理費が掛かります。

関連ページ

BACK>>前のページに戻る

トップ >オイル交換とタイヤの空気圧は長持ちの秘訣





愛車の本当の価値は、1店だけではわかりません、お店は欲しい車は相場よりもより高く、欲しくない車は相場より低く値段を提示します。
carview愛車無料査定  ネット最王手


保険料を抑えるなら、保険の比較が一番確実、大事な補償はそのままで、一番お得な保険会社がわかります。
インズウェブ マックカードがもれなく!
価格.com自動車保険豪華景品が当たる


クレジットカードでガソリンを入れると安くなるは常識です、ガソリンだけでなくもっと特をしたい人にはこのカードがおすすめです。
楽天カード 入会で5000p貰える?


全国の新車ディラーからオンラインで見積が取れる、もちろん無料です。最短60分以内でお見積り、希望しない訪問は一切ありません。
オートックワン 最大級見積もりサイト

予約⇒実施で楽天スーパーPがもらえます、車検チェーンのアップル車検も加盟
複数店舗で一括比較、自宅から近いところを検索できます
全国300店舗以上の車検チェーン店



新車を買う車の維持費を安くする

(C) 中古車を買う All rights reserved.