TOP>中古車を受け取る時に気をつけること

中古車を受け取る時に気をつけること

中古車を受け取る時(納車の時)、普通は陸運局で車の名義をあなたに変更(名義変更)してから引き渡されるのが一般的です。
中古車の納車の場合、車をお店に車を取りに行く事が多いと思います、そのときに気をつけたい事、見ておかないといけない所を説明します。

車を受け取る時に気をつけること

中古車の場合は、新車と違い保証期間が大変短いです、後になって「受け取った時にこうなっていた!」と言っても、なかなか認めてもらえない事が多いです、こういうトラブルは少なく無いですから、車を受け取る時にしっかり確認しておきましょう。


■ 納車の時は契約書を持参、依頼事項が出来ているかチェック
納車の時には、お店をどんなに信用していても必ず契約書を持参しましょう。
そして、納車の内容が契約書の通りになっているか?一項目づつチェックしましょう。
お店に悪気はなくても、やっぱりミスはありますからね。

もし、そういったミスをが分かったときにはどういった対応をしてくれるのか
大人の対応をして確認しましょう。
確認したことは書面にしてもらい、あなたとお店双方で確認しましょう。
この時に口約束は避けましょう、あとで「言った言わない」という話になるとヤッカイです。


【納車は昼間に行いましょう】
納車は昼間がオススメです。
夕方や夜の納車は、もし車のボディーにヘコミやキズがあっても気が付きません
中古車は、受け取ったあとにキズを発見してクレームを言っても、認めてくれないお店が多いですからね。


【車検証の名義はしっかり確認】
中古車の名義があなたに変更されているか、車検証の名義(住所や氏名)はしっかりと確認しておきましょう、
名前や住所が違っていても車を乗ることにはたいして影響しませんが、任意保険の加入時や車の転売時や廃車などする際すこし面倒になると思います。
車の名義で氏名が違うということは少ないですが、住所の番地が違っていたりすることが、とても稀ですがあります。

それから、現金で買ったのに車検証に記載してある車の所有者が販売店であったりする場合があります、これはとてもおかしな話なので正しい名義にしてもらったほうがいいでしょうね。

同じようにローンで購入した場合は、車の名義がローン会社になっているはずです。
ローンを払い終えた後に、個人名義に変更してもらえるはずですから、ちゃんとやってもらうように念押ししておいたほうがいいでしょうね。

【納車後の不具合はすぐに確認する】
納車されたあと『あれ?おかしいかな?』と感じたら、すぐにお店に連絡をして症状を確認して対応してもらいましょう。
いくら日本車は性能がいいとはいえ機械ですからね、使っていれば必ず消耗してきます。

もし保証があるからといっても、不具合が出たままで乗りつづけてしまうと、車を必要以上に傷めてしまいますし、
保証の適用を除外されてしまうかもしれません、保証の適用は『正常な使い方をしていて…』というのが大原則です。
車は違和感を感じたら見てもらうように心がけましょう。

納車されると、一秒でも早く乗りたい気持ちになると思いますが、ここで納車を急ぐあまり肝心な確認をしないと、トラブルの原因につながります。
はやる気持ちは抑えて、じっくり確認して下さい、目の前の車はあなたの物ですからね。

関連ページ

BACK>>前のページに戻る

トップ >中古車を受け取る時に気をつけること





愛車の本当の価値は、1店だけではわかりません、お店は欲しい車は相場よりもより高く、欲しくない車は相場より低く値段を提示します。
carview愛車無料査定  ネット最王手


保険料を抑えるなら、保険の比較が一番確実、大事な補償はそのままで、一番お得な保険会社がわかります。
インズウェブ マックカードがもれなく!
価格.com自動車保険豪華景品が当たる


クレジットカードでガソリンを入れると安くなるは常識です、ガソリンだけでなくもっと特をしたい人にはこのカードがおすすめです。
楽天カード 入会で5000p貰える?


全国の新車ディラーからオンラインで見積が取れる、もちろん無料です。最短60分以内でお見積り、希望しない訪問は一切ありません。
オートックワン 最大級見積もりサイト




新車を買う車の維持費を安くする

(C) 中古車を買う All rights reserved.